多汗症・汗かきの対策、改善方法!

スポンサードリンク

体温調節以外に汗をかくのが「多汗症」

多汗症はどうして起こるのでしょうか?

 

多汗症は読んで字のごとく

 

大量に汗をかく症状

 

の事です。

 

単なる汗かき体質とは異なります。

 

私たち人間が汗をかくのは外気温が高くなった時や、運動をした時に体温を下げるためです。

 

いわゆる汗かき体質の人はこの時に人よりも多く汗をかくという体質です。

 

こちらは体温調節のための生理現象なので、生理的多汗ということになります。

 

これに対して多汗症というのは、

 

体温調節が必要のない時に大量の汗をかく症状

 

の事で、病的多汗ということになります。

多汗症は「二次的症状」に悩まされる病気

大量の汗をかく多汗症自体は、健康的に見るとそれほど深刻なものではありません。

 

しかし、大量の汗をかくことで起きる

 

・手のひらに汗をかいて紙が濡れてしまう、握手ができない
・足の裏に汗をかいて人の家に上がれない
・顔に汗をかいて化粧崩れを起こす

 

などの二次的な症状が悩みのタネなのです。

 

これらの二次的症状は仕事や日常生活に支障が出ます。

 

そしてそのような状態が続くと、人前に出るのをはばかるようになり、最終的には対人恐怖症になってしまうこともあるのです。

 

多汗症を患う人の悩みは、想像以上に深くて大きいものです。

 

当サイトでは、この病的多汗である多汗症について詳しく書いており、改善法や対策を載せておりますので、
もしあなたが多汗症で悩んでいるのならぜひ参考にして下さい。

スポンサードリンク