多汗症・汗かきの対策、改善方法!

スポンサードリンク

多汗症とは

多汗症というのは、体のあちこちからダラダラと汗が流れ出る症状をひっくるめて呼ぶ病気です。

 

しかし、大量の汗をかくからと言って全てが多汗症というわけではありません。

 

例えば、肥満体で暑い季節に大汗をかくような場合は

 

生理的多汗

 

といって、多汗症とは呼ばれません。

 

そもそも汗をかくというのは、体の熱を放出して体温の調節をはかるための生理作用です。

 

それが肥満体の人は皮下脂肪が多くて熱が放出されにくいために普通の人より多く汗をかくことになるからです。

 

これに対して、暑くもなく、特別な激しい運動や労働をしたわけではもないのに大量の汗をかくような場合は多汗症である可能性が高いのです。

 

多汗症は生理的多汗ではなく病的多汗といって、体温調節という発汗本来の作用とは別の原因で生じています。

 

多汗症の種類や原因

ひとくちに多汗症と言っても、全身に発汗する全身多汗症や、手のひらや足の裏、脇の下や頭や顔に限定して発汗する局所多汗症など様々な種類があります。

 

多汗症の原因も様々で、全身多汗症は

 

・遺伝的体質
・結核や糖尿病、バセドウ病などの疾患によるもの

 

などが多く、局所多汗症は

 

・自律神経の不調

 

が原因していることが多いです。

 

多汗症というのは、病的に異常に多量の汗をかくので、「汗かき」という言葉では済まされません。

 

ただ、大量に汗をかくとは言っても、命にかかわることではないため治療や研究が進んでいませんでした。

 

本人も多汗症なのかどうか悩んでいるケースも多いのが現状です。

スポンサードリンク